紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。

紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。 (本特集号 は、京都大学「知の越境」融合チーム研究プログラム(SPIRITS : Supporting Program for Interaction-based Initiative Team Studies)の採択課題:「京都学派の遺産 に基づく越境的知の国際ネットワーク形成」に基づく研究成果を含む。) 表紙 PDF 全文 […]

続きを読む

トークイベント「夏目漱石と西田幾多郎」が開催されます。

​ 下記の要領で、トークイベントが開催されます。 漱石カフェ Sōseki Cafe 夏目漱石の魅力を語る連続トークイベント​第1夜 小林敏明「夏目漱石と西田幾多郎」 2017年9月29日(金) 19:00〜20:40 ​会場 サロンド冨山房フォリオ(東京・神田神保町) 詳しくはこちらをご覧ください。

続きを読む

第33回日本哲学史フォーラム「京都学派の知の新解釈と継承―2」を開催します

下記の要領で日本哲学史フォーラムを開催いたします。 テーマ:京都学派の知の新解釈と継承2  日時:2017年8月12日(土)午後1時30分より 場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室     プログラム: 1.菅原潤 氏 (日本大学教授) 「新京都学派の文明史観ー世界史的立場との対比を通じて」 2.Rolf Elberfeld 氏  (Hildesheim大学教授) 「 […]

続きを読む

杉本耕一追悼シンポジウム:「哲学」と「宗教」––––杉本耕一の思索

下記の通り、当研究室ODである杉本耕一先生の追悼シンポジウムを開催いたします。 杉本耕一追悼シンポジウム:「哲学」と「宗教」ー杉本耕一の思索 日時 2017年7月22日(土)13:00-17:30 会場 京都大学文学部校舎(新館)2階 第4講義室 呼びかけ人 藤田正勝(京都大学) 主催 杉本耕一追悼シンポジウム実行委員会 後援 京都大学日本哲学史研究室、西田哲学会、親鸞仏教センター 司会 山本伸裕 […]

続きを読む

西田・田辺記念講演会のお知らせ

下記の通り、西田・田辺記念講演会を開催いたします。 2017年度 西田・田辺記念講演会  講演      森哲郎 氏(京都産業大学 教授)        「西田幾多郎における「表現」思想 ―『善の研究』の成立と転回」            嶺秀樹 氏(関西学院大学 教授)                            「初期田辺の反省理論 ― 西田批判の背景にあるもの」   日時 […]

続きを読む

紀要『日本哲学史研究』第13号が電子化されました

全文 PDF 目次 西田幾多郎と田中美知太郎 ――日本哲学とギリシア哲学の協働のために  – 納富信留 PDF 南原繁の政治哲学とその射程 – 芦名定道 PDF 井筒俊彦の意識哲学における言葉と芸術 – 廖欽彬 PDF 「人間の学」から「倫理の学」へ ――和辻哲郎の「倫理学」体系の形成過程 – 服部圭祐 PDF 哲学者・杉本耕一氏との対話 &#821 […]

続きを読む

日本哲学国際学会が7月末に台湾大学で開催されます

昨年福岡で開催されました日本哲学国際学会(福岡大会のレポートはこちらをご覧ください)が今年7月末に台湾大学で開催されます。 下記をご参照ください。 また、日本哲学国際学会の母体である Journal of Japanese Philosophy のホームページも併せてご覧ください。 International Association of Japanese Philosophy 2017 Inte […]

続きを読む

第32回日本哲学史フォーラム「京都学派の知の新解釈と継承―1」を開催します

1.板橋 勇仁 氏 (立正大学 教授)  「無基底的に表現するとはどのようなことか  ―西田哲学の「形から形へ」の思想が持つ可能性」 2.檜垣 立哉 氏  (大阪大学 教授) 「西田とバロック哲学」   日時:2017年12月17日(土)午後1時30分より 場所:京都大学 総合研究2号館地下第8講義室

続きを読む

紀要『日本哲学史研究』第12号を出版しました

全文 PDF 目次 西田の思考と日本語の問題 – 小林敏明 PDF 西田の「個物と個物との相互限定」をめぐって – 氣多雅子 PDF 母性保護論争のフェニスト現象学からの解釈(1) – 河野哲也 PDF 「応答の心が交差する小径」としての<感応道交> -道元のフェミニズム的解釈- – ラルフ・ミュラー PDF 種の自己否定性と「切断」の概 […]

続きを読む

2015年度東アジア文化交渉学会・第7回年次大会に参加

アジア研究教育ユニット(KUASU)事業により、院生とODが学外での研究発表を積極的に行っています。 日本哲学史専修のテーマ「東アジアにおける日本哲学研究-国際学会での対話実践」 5月9(土)-10(日)、神奈川県開成町 福祉会館)、「「京都哲学」の他者論・感情論」をテーマとするパネルを組み、国際学会で発表しました。 当研究室ODで石川県西田幾多郎記念館の研究員である中嶋優太氏が司会を務め、修士課 […]

続きを読む

第31回日本哲学史フォーラム「翻訳と仏教」を開催しました。

1.船山 徹 氏 (京都大学人文科学研究所 教授) 「漢訳仏典の音写語と翻訳不可能性」  2.宮崎 泉 氏  (京都大学文学研究科 教授) 「仏教における智慧―その翻訳と仏教理解をめぐって」   コメンテーター 美濃部 仁 氏 日時:2016年8月6日(土)午後1時30分より 場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室  

続きを読む

2014年11月 The University of Tokyo Center for Philosophy-京都大学・日本哲学史専修合同セミナー「日本哲学と翻訳―西田幾太郎の「場所」を英訳から読み直す」を開催しました。

Date and Time: Saturday, 8 November 2014, 11:00-18:00 Place: Bldg. 18, Collaboration Room 3, Komaba Campus, The University of Tokyo 11:00 Welcome: Nakajima Takahiro (University of Tokyo) 11:10 Introdu […]

続きを読む