日本学術会議哲学委員会【芸術と文化環境分科会】公開シンポジウム

オンライン開催

文化の互換可能性―継承、翻訳、再生―

 

日時:令和3年7月18日 13時~18時半

オンライン配信(Zoom)

参加無料、要事前登録、定員300名

趣旨

「翻訳者は裏切り者Traduttore, traditore」というイタリア語の成句がある。「翻訳者traduttore」と「裏切り者traditore」という語の発音の類似性に基づく一種の語呂合わせである。いかに優れた翻訳でも原文を忠実に置換できるとはかぎらず、そこにはつねに原文からの隔たりの、いわば「裏切り」の可能性が孕まれている、というわけである。文化を継承してゆくことにも、こうした意味での翻訳の側面があるだろう。つまり、想定される文化の伝統に対して、(意図するにせよしないにせよ)そこからずれていってしまう可能性であり、言い換えれば伝統を「裏切る」可能性である。ただし、その際の「裏切り」には、ネガティヴなばかりでなくむしろ「創造的」と呼べるような含意も読み込みうるのではないだろうか。本シンポジウムでは、こうした意味での「翻訳としての文化継承」の諸側面について、多彩なゲストともに考えてみたい。

趣旨説明:上原麻有子(京都大学大学院文学研究科教授/日本学術会議連携会員)

13:00~13:05

基調講演

13:05~13:30

永井由佳里(北陸先端科学技術大学院大学教授/日本学術会議連携会員)

「創造性のさまざまなあり方―文化・芸術をSDGsの視点から考える―」

講演

13:30~14:00

荒川正明(学習院大学教授)・繭山浩司(修復家)

「破壊から再生へ ―ウィーン・ロースドルフ城所蔵の陶磁器修復―」

14:00~14:30

岡岩太郎(岡墨光堂代表)

「過去と対峙する修理―伝わる過程で変貌する絵画―」

14:30~15:00

京都絵美(画家、東京藝術大学専門研究員)

「日本画の伝統と創造 ―〈模〉の思想をめぐって―」

休憩  15:00~15:20

15:20~16:00

小野真龍(天王寺舞楽協会常任理事)

「雅楽伝承における「翻訳」あるいは「再生」」

16:00~16:30

酒井邦嘉(東京大学大学院総合文化研究科教授)

「AI時代の創造と芸術」

パネルディスカッション

司会 上原麻有子(京都大学大学院文学研究科教授/日本学術会議連携会員)

16:40~18:30

小田部胤久(東京大学大学院人文社会系研究科教授/日本学術会議連携会員)

澁谷政子(福井大学教授/日本学術会議連携会員)

島尾新(学習院大学教授)

武田宙也 (京都大学大学院人間・環境学研究科准教授/日本学術会議連携会員)

吉岡洋 (京都大学教授/日本学術会議会員)

 

主催:日本学術会議哲学委員会 芸術と文化環境分科会

協力:京都大学文学研究科日本哲学史専修

申し込み先:https://bit.ly/2RHm1IX

リンク先: https://www.bun.kyoto-u.ac.jp/japanese_philosophy/jp-top_page/

問い合せ先: geijyutsubunkakankyo25@gmail.com

 

第5回国際日本哲学会(IAJP)のお知らせ

第5回国際日本哲学会(IAPJ)の案内です。

発表を下記のテーマで募集致しますので、奮ってご応募下さい。

詳細はチラシをご参照下さい。

日時:2021年3月13日(土)・14日(日)

場所:南禅寺

テーマ:“95 Years after the Birth of Nishida Philosophy-‘Basho’ as Symbiosis of Non-Human and Human”

要旨提出期限:2020年9月30日(水) (300 words)

提出先:japanesephilosophy@gmail.com

———————————————————————-

IAJP のHPは、こちらです。詳細をご参照ください

https://sites.google.com/view/iajpconference2021/?fbclid=IwAR37W1owVfN2HkcbBpBzbzC1RXH5HOlQj2HP8DqAzBI-0WYlz0dxFYB7xlo

———————————————————————-

http://nihontetsugaku-kyoto-2.site/

【募集チラシ】2021_IAJP KYOTO CFP 2020 24 06 b

第38回 日本哲学史フォーラム

下記の通り「第38回 日本哲学史フォーラム」を開催致しました。

第38回日本哲学史フォーラム

Histories of Philosophy in a Global Perspectiveプロジェクト基調講演

日時:2020年12月18日(金)午後6時より
開催方法:京都大学Zoom

プログラム:
Histories of Philosophy in a Global Perspective
「世界の多様な言語の地平における「哲学史」の歴史性―コゼレック=プロジェクトの最初の成果」

講演
ロルフ・エルバーフェルト氏 (HPGPプロジェクト代表 / ヒルデスハイム大学哲学科 教授)
協力
有坂 陽子氏 (HPGPプロジェクト・コーディネーター/ヒルデスハイム大学哲学科 研究員)

コメント
ブレット・デービス 氏 (HPGPプロジェクト研究員/米国ロヨラ・メリーランド大学哲学科 教授)

納富信留 氏 (世界哲学プロジェクト代表 / 東京大学大学院人文社会系研究科 教授)

司会:上原麻有子 (日本哲学史フォーラム企画者 / 京都大学)

主催:京都大学文学研究科 日本哲学史専修

連絡先:japanese_philosophy@yahoo.co.jp

「読書サァクル 三冊目 〜僧侶と読む読書会・座談会〜」にて、大角康(宗純)氏(D2)が解説等を担当します。

下記のイベントにて、僧侶・本学博士課程2回生の大角康(宗純)氏が、鈴木大拙『無心ということ』の解説等を担当します。ぜひご参加ください。

続きを読む

第37回日本哲学史フォーラムを開催いたします。

下記の通り「第37回 日本哲学史フォーラム」を開催致しますので、どうぞご出席ください。

日時:2019年12月21日(土)午後1時30分より
場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室

プログラム:
1.水野友晴 氏 (日独文化研究所事務局長)
「「世界」における「自由」― 鈴木大拙と西田幾多郎に注目して」

2.ブレット・デービス 氏  (米国ロヨラ・メリーランド大学哲学科 教授 )
「世界哲学における日本哲学 ― 日本哲学の範囲と意義を再考する試み」」

連絡先:japanese_philosophy@yahoo.co.jp

文学研究科日本哲学史研究室紀要『日本哲学史研究』の電子化・公開に係る著作権の処理について

こちらからPDF版のダウンロードが可能です。

*  *  *

文学研究科日本哲学史研究室紀要『日本哲学史研究』の電子化・公開に係る著作権の処理について

文学研究科日本哲学史研究室から、『日本哲学史研究』の執筆者の皆様に電子化・公開に関する依頼文書を公示します。

文学研究科日本哲学史研究室 上原麻有子

続きを読む

「第一回日本哲学史研究室ミニシンポジウム」を開催しました。

大学院生の研究発表の場の設置と、海外からの研究生との交流とを目的に、研究室を主体としてミニシンポジウムを開催致しました。今回は本研究室に所属する三人の九鬼周造研究者にご登壇いただき、「九鬼周造と自己同一性/アイデンティティ」というテーマでそれぞれご発表いただきました。以下に登壇後のコメントを掲載します。

日程:2019年(令和元年)8月9日(金)

続きを読む