紀要『日本哲学史研究』バックナンバー

 

  • 第13号

    目次

    • 西田幾多郎と田中美知太郎 ――日本哲学とギリシア哲学の協働のために  – 納富信留 PDF
    • 南原繁の政治哲学とその射程 – 芦名定道 PDF
    • 井筒俊彦の意識哲学における言葉と芸術 – 廖欽彬 PDF
    • 「人間の学」から「倫理の学」へ ――和辻哲郎の「倫理学」体系の形成過程 – 服部圭祐 PDF
    • 哲学者・杉本耕一氏との対話 – 名和達宣 PDF

 

  • 第12号

    目次

    • 西田の思考と日本語の問題 – 小林敏明 PDF
    • 西田の「個物と個物との相互限定」をめぐって – 氣多雅子 PDF
    • 母性保護論争のフェニスト現象学からの解釈(1) – 河野哲也 PDF
    • 「応答の心が交差する小径」としての<感応道交> -道元のフェミニズム的解釈- – ラルフ・ミュラー PDF
    • 種の自己否定性と「切断」の概念 – 竹花洋佑 PDF
    • 西田幾多郎と久松真一における救済の問題 – 小島千鶴 PDF
    • 西田幾多郎のフィードラー受容とリップスの「感情移入」説 – 八坂哲弘 PDF

 


 

  • 第11号 《藤田正勝教授・日本哲学史専修退職記念号》

    目次

    • 「凍れる音楽」と「天空の音楽」 – 藤田正勝 PDF
    • 藤田さんのこと – 福谷茂 PDF
    • 西田幾多郎とセーレン・キェルケゴール --「実践哲学序論」の一考察 – 氣多雅子 PDF
    • 「種の論理」と「社会的なもの」の問い ――田辺、ベルクソン、フランス社会学派―― – 杉村靖彦 PDF
    • 大拙禅における主体性の問題 ――日本哲学からの発信の試み―― – 水野友晴 PDF
    • 明治日本における宗教哲学の形成と哲学者の宗教的関心 ――清沢満之を中心に―― – 杉本耕一 PDF
    • 『善の研究』における「哲学的思想」とその方法 – 城阪真治 PDF
    • 思慮分別はなぜ純粋経験ではないのか – 日髙明 PDF
    • 志向的意識と場所的意識 – 満原健 PDF
    • 形成期西田哲学とヴィンデルバントの共有地 ――意志的なものというスローガンと文化主義をめぐって―― – 中嶋優太 PDF
    • 二つの行為の哲学 ――西田・田辺論争をめぐって―― – 太田裕信 PDF
    • 西田における「アプリオリ」概念 – 石原悠子 PDF
    • 前近代の日本思想と日本哲学の境界 ――デューイ、フッサール、パトチカを手がかりに―― – ダニエル・バーク PDF

 


  • 第10号 特集・間文化(跨文化)という視点から見た東アジアの哲学

    目次

    • 西田幾多郎の哲学
      ――トランスカルチュラル哲学運動とその可能性…張政遠 PDF
    • 西田幾多郎とT・H・ グリーン
      ――トランス・カルチュラル哲学の視点から―…林永強 PDF
    • 哲学と宗教の間
      ――唐君毅と西谷啓治における近代性をめぐる思索…黄冠閔 PDF
    • 西田によるヘーゲル生成論批判の射程…熊谷征一郎 PDF
    • 場所の論理と直観
      ――西田幾多郎『働くものから見るものへ』と『一般者の自覚的体系』…太田裕信 PDF
    • 九鬼周造における現象学と形而上学の交わりの問題…シモン・エベルソルト PDF