京都大学大学院文学研究科 冬の大学院進学説明会のお知らせです

画像

日時  2018年9月22(土)13:00~16:00
場所 京都大学東京オフィス(大会議室) 
JR、東京メトロ丸ノ内線「東京駅」直結、丸の内北口改札出てすぐ。新丸の内ビルディング 10 階。 *土曜日のため、地下1階オフィスエントランスからご入館下さい。

プログラム
【第 1 部】思想文化学専攻の紹介:思想文化学専攻の魅力、各専修と教員、学生生活、学生支援、海外交流、修了後の進路、入学者選抜試験などについて紹介します。
【第2部】専修別相談コーナー: 各専修に分かれて、選択可能な研究テーマ、修了後の進路、選抜試験に向けた勉強方法など、より詳細な説明を行います。

第35回日本哲学史フォーラムを開催いたします。

下記の要領で日本哲学史フォーラムを開催いたします。

皆様のご来聴をお待ちしております。


日時:2018年6月30日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室

プログラム:

1.小野 真龍 氏 (天王寺舞楽協会常任理事)

「神仏のコスモロジーとしての雅楽」

2.中島 隆博 氏  (東京大学東洋文化研究所 教授)

「思想としての言語―翻訳をめぐって」

 

ジョン・C・マラルド氏、講演会のお知らせ

ジョン・C・マラルド氏 講演会
ノースフロリダ大学 名誉教授

“Reconceptualizing dignity from the perspective of Watsuji Tetsurō.”
日時 2018年6月4日(月)午後4時30分より

会場 京都大学 吉田泉殿 (定員 20名)京都大学吉田泉殿(京都大学から徒歩7分)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/campus/facilities/kyoshokuin/izumi
講演は英語で行われます。通訳はつきませんが、英語の原稿を配付いたします。

 

 

西田・田辺記念講演会のお知らせ

 

 

 

 

 

 

下記の要領で、西田・田辺記念講演会を開催いたします。

二〇一八年六月二日(土)午後一時三〇分より

会場 京都大学文学部 第三講義室

  • 岡田 勝明 氏  (姫路獨協大学 教授)
    「場所の論理と自己存在の証明 ― 西田哲学の現代性」
  •  ジョン・C・マラルド 氏  (ノースフロリダ大学 名誉教授)
    “The Question of Responsibility in Metanoetical Philosophy”
    講演は英語で行われますが、日本語の翻訳原稿を配付いたします。質疑応答には、通訳がつきます。

 

日本哲学会の欧文ジャーナルTetsugaku第3号(特集「日本哲学」)が、原稿を募集しています。

日本哲学会の欧文ジャーナルTetsugaku第3号(特集「日本哲学」)が、原稿を募集しています。

 

Call for papers for Tetsugaku Vol.3, 2019 Spring

Special Issue : “Japanese Philosophy”

Tetsugaku, the International e-Journal of the Philosophical Association of Japan, calls for papers for the special issue, “Japanese Philosophy” (Vol. 3, 2019).

 

In Japan, the field of philosophy was established in the second half of the 19th century, alongside the assimilation of Western philosophy. The development of this new field, however, did not mean a discontinuation with the scholarship and thought of the pre-Meiji period. Rather, Japanese philosophy developed through taking up traditions such as Confucianism and Buddhism and reflecting on them in a critical manner. It is not possible to specify exactly when the field bearing the title of Japanese Philosophy (Nihon Tetsugaku) appeared, however Nishida Kitarō, the leading figure of the Kyoto school, wrote in 1944 that: “I hope that in respect to philosophy, Japan will in the future manage to develop a grand Japanese philosophy.”

From the war years onwards, research in Japanese philosophy has been closely tied to the thinking of the Kyoto School. However, this still young academic field has enjoyed significant growth in recent years, particularly abroad. Today, we see the development of a variety of approaches, as well as an increasing amount of research focusing on topics other than the Kyoto School.

In this special issue, we wish to highlight this energetic global academic environment for research in Japanese philosophy, drawing attention to some of the latest work that is now taking place. Please consider submitting papers which engage in the following topics:

 

  • Japanese Philosophy of the Meiji and Taishō periods
  • Historical investigations into Japanese philosophy
  • Philosophy of the Kyoto School
  • Japanese philosophy and war, ideology
  • Comparative research – Japanese philosophy and East Asian philosophy (comparisons with Buddhism, Confucianism, etc.)
  • Comparative research – Japanese philosophy and Western philosophy
  • Investigations into language, culture and art in Japanese philosophy
  • Theories of the body, technology, and science in Japanese philosophy
  • Logic in Japanese philosophy
  • Beauty and Aesthetics in Japanese philosophy
  • Theories of time in Japanese philosophy

 

 

[Deadline: 30 September 2019]

To submit your paper, please read carefully our Guidelines for Contributors.

紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。

紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。 (本特集号 は、京都大学「知の越境」融合チーム研究プログラム(SPIRITS : Supporting Program for Interaction-based Initiative Team Studies)の採択課題:「京都学派の遺産 に基づく越境的知の国際ネットワーク形成」に基づく研究成果を含む。)

表紙

全文

目次

  • 前置きPDF
  • 京都学派における「宗教概念」  – 氣多雅子 PDF
  • 「種の論理」論争をめぐって ――高橋里美、務台理作再考 - 合田正人 PDF
  • 循環し、競合する概念 ――プラセンジット・デュアラ「対話的超越」と鈴木大拙  – 中島隆博 PDF
  • 「大西祝と和辻哲郎における忠孝概念」 – 志野好伸PDF
  • 行為的直観と形式的現象学(Transformative Phänomenologie)  ――西田哲学の将来を考える - ロルフ・エルバーフェルト PDF
  • 「名」と「実存」 ――九鬼周造を巡る一考察  – 上原麻有子 PDF
  • メディア哲学としての京都学派  – ファビアン・シェーファー PDF