2017年7月 日本哲学国際学会IAJP(国立台湾師範大学)に藤貫裕(D1)、大角康(D1)、満原健(OD)が参加しました。

報告:

藤貫裕 日本哲学史専修博士後期課程1回生

7月28・29日にかけて台湾師範大学で開催された日本哲学国際学会は、非常に実り多いものであった。学生の内から国際学会に参加し英語で発表し質疑応答する、という貴重な経験が得られたことも勿論であるが、何より、日本哲学への国際的な関心の高さと広まりを体感出来たことが大きい。発表内容に応じて7つに分けられた分科会では、多様かつユニークな視点からの発表がなされ、英語・日本語・中国語が入り乱れながら活発な質疑応答が展開された。例えば私が発表した「日本美学」の分科会では、司会はイスラエルから、もう一人の発表者はカナダからの参加であった。そして質疑応答では、それぞれが取り上げた九鬼周造の美学や文化論について、理論的な内容を掘り下げた鋭い質問は勿論、「日本文化」という広い関心から九鬼自身の生い立ちや時代といった大きな思想背景を探る質問がなされた。このように国際的な場で発表し様々な視点に触れられたことは、今回だけにとどまらず博士論文を筆頭とする今後の研究全体の指針にもなる貴重な経験となった。

大角康 日本哲学史専修博士後期課程1回生

2017年度国際日本哲学会にて筆者は、“Unifying intuition as non-experience”という表題にて口頭発表をさせていただくという好機に与かることができたのだが、発表会場の雰囲気は大変和やかでありそれでいて活発であったため、筆者の発表の際にも多くのご質問をいただけたことは光栄であった。上記の筆者の発表においては「死」が鍵語となるために『存在と時間』におけるハイデガーの議論との親近性をお感じになられた方々が多い様であったのだが、筆者が当該発表において表現したかった「死」というものはそのようなものとは異なるために、表現方法や議論の展開のさらなる工夫の必要性を実感した。

世界各国から日本の思想に対する様々な関心を持つ方々が一斉に集い、自らの研究成果の一端を互いに披瀝し合うことはそれだけでも実り多いことであることは今さら言うまでもないのだが、それのみならず、何と言っても国際日本哲学会において特徴的であるのは先述した雰囲気の良さであろう。当学会は、国際的な哲学研究の輪の広がりを担うものの一つとして日本の哲学が機能することは十分に可能であることの証左になるものであろうし、そのような場にて日本人が積極的に発言することは大変意義深いと思う。当学会での経験は筆者自身にとって貴重な経験になったのみならず、この学会のさらなる発展と、そのことを通じた多角的な日本文化とその根柢の研究の進展を願わずにはいられぬようにさせてくれるものであった。

満原健 日本哲学史専修OD

報告者は、2017年台湾で開催された日本哲学国際学会に参加し、研究発表を行った。参加してみて驚いたのは、日本人以外の参加者が、しかも若い研究者が多かったことだった。海外でなされている日本哲学研究は規模のごく小さいものだと考えていたが、今後は海外での日本哲学研究の質が高まり量も増えていくことを予感した。

発表については、自分の英語力の低さというのを痛感した。自分の伝えたい内容を即座に英語で言えるという水準には全く至っておらず、また少し癖のある発音をするネイティブスピーカーの英語はほぼ聞き取れず、明瞭な発音をする人の場合でも、10分以上続く発表内容を正確に理解することは難しかった。国際学会への参加が必要とされる現在の状況に自分がついていけていないということを肌身で知ることとなった。

最後に、この学会に参加するための旅費等を支給してくださった京都大学、またそのための手続きをしていただいた上原先生、事務の方々に感謝を申し上げたい。

福岡で、日本哲学の国際学会が開催されます。

福岡で10月7日から9日まで、日本哲学の国際学会が開催されます。

詳細は下記リンクをごらんください。

International Conference on Japanese Philosophy

International Association of Japanese Philosophy

Large conference room, Kyushu University Nishijin Plaza, Fukuoka City, Japan

7-9 October 2016

http://tetsugakuconferenc.wixsite.com/2016/schedule

2015年度東アジア文化交渉学会・第7回年次大会に参加

アジア研究教育ユニット(KUASU)事業により、院生とODが学外での研究発表を積極的に行っています。

日本哲学史専修のテーマ「東アジアにおける日本哲学研究-国際学会での対話実践」

5月9(土)-10(日)、神奈川県開成町 福祉会館)、「「京都哲学」の他者論・感情論」をテーマとするパネルを組み、国際学会で発表しました。

当研究室ODで石川県西田幾多郎記念館の研究員である中嶋優太氏が司会を務め、修士課程の高崎和樹、高田理可、博士課程の八坂哲弘がそれぞれテーマに沿った研究報告を行いました。

高崎は、「西田幾多郎の「私と汝」における思索の流れとその転換」と題し、西田哲学における「私と汝」の問題に焦点を当てた発表を行いました。高田は、三木清「『歴史哲学』における「パトス」について」と題して、三木哲学の重要概念の一つである「パトス」に焦点を当てた発表を行いました。八坂は ”On Emotion in Nishida Kitaro’s Philosophy” と題して、西田哲学における感情に焦点を当てた発表を行いました。

 

 

2015年8月 東京大学-ハワイ大学サマーインスティチュートに、八坂哲弘とミカエル・ロットマンが参加しました

2015年8月 東京大学-ハワイ大学サマーインスティチュートに、博士課程の八坂哲弘と修士課程のミカエル・ロットマンが参加しました。

報告書(八坂)

8月14日、京都大学文学研究科における二日目のセミナーが開催された。午前中のレクチャーでは、ロジャー・エイムズ先生による講義が行われた。エイムズ先生は儒教や道教の難解な諸概念や言説をいかにして理解するかと言うことに関し、ウィリアム・ジェイムズの内在的関係と外在的関係との区別などを援用し、内在的な理解から諸概念や言説を語源学の手法を採り入れながら、明快に説明された。

講義では、学生との対話を重視され、活発に学生と意見交換をされた。エイムズ先生は、難解な諸概念を身振り手振りを加えながら分かりやすく対話を通して説明して下さった。参加者は皆、先生のお話に引き込まれ、活発な質問質問が行われた。

午後は小倉紀蔵先生による講義が行われた。小倉先生は〈Third Life〉という独自の概念を提示された。〈First Life〉 とは 〈physical Life〉 であり、〈Second Life〉 は 〈Spiritual Life〉 である。先生の提示された〈Third Life〉 は一言で表現するには多くの含蓄を含んでおり、ここで簡潔には説明し得ないが、報告者は〈between-ness〉 や 〈inter-subject〉という規定に魅力を感じた。

小倉先生の提示された〈Third Life〉に関して数多くの質問が活発になされ、〈Third Life〉に対する参加者の関心の高さが窺われた。

午前・午後を通して、諸先生と学生達との間でフランクな対話が行われ、まさに国際交流・学際交流が行われている貴重な現場に遭遇していることを感じた。

2014年11月 The University of Tokyo Center for Philosophy-京都大学・日本哲学史専修合同セミナー「日本哲学と翻訳―西田幾太郎の「場所」を英訳から読み直す」を開催しました。

Date and Time: Saturday, 8 November 2014, 11:00-18:00

Place: Bldg. 18, Collaboration Room 3, Komaba Campus, The University of Tokyo

11:00 Welcome: Nakajima Takahiro (University of Tokyo)

11:10 Introduction to the Joint Seminar: Uehara Mayuko (Kyoto

University)

Presentation of Comments and Discussion

11:20 Simon Ebersolt (Kyoto University) “Basho Part1”

Kota Sugitani (University of Tokyo) “Basho Part 2”

Response from John Krummel and Discussion

12:50 Lunch

13: 50 Ōta Hironobu (Kyoto University) “Basho Part 3”

Yasaka Akihiro (Kyoto University) “Basho Part 4”

Response from John Krummel and Discussion

15:20 Coffee Break

15:30 Zhang Wei (University of Tokyo) “Basho Part 5”

Nakajima Yūta (Kyoto University) “Basho Part 6”

Response from John Krummel and Discussion

17:00 General Discussion

18:00 Closing: Ishii Tsuyoshi