日本哲学会の欧文ジャーナルTetsugaku第3号(特集「日本哲学」)が、原稿を募集しています。

日本哲学会の欧文ジャーナルTetsugaku第3号(特集「日本哲学」)が、原稿を募集しています。

 

Call for papers for Tetsugaku Vol.3, 2019 Spring

Special Issue : “Japanese Philosophy”

Tetsugaku, the International e-Journal of the Philosophical Association of Japan, calls for papers for the special issue, “Japanese Philosophy” (Vol. 3, 2019).

 

In Japan, the field of philosophy was established in the second half of the 19th century, alongside the assimilation of Western philosophy. The development of this new field, however, did not mean a discontinuation with the scholarship and thought of the pre-Meiji period. Rather, Japanese philosophy developed through taking up traditions such as Confucianism and Buddhism and reflecting on them in a critical manner. It is not possible to specify exactly when the field bearing the title of Japanese Philosophy (Nihon Tetsugaku) appeared, however Nishida Kitarō, the leading figure of the Kyoto school, wrote in 1944 that: “I hope that in respect to philosophy, Japan will in the future manage to develop a grand Japanese philosophy.”

From the war years onwards, research in Japanese philosophy has been closely tied to the thinking of the Kyoto School. However, this still young academic field has enjoyed significant growth in recent years, particularly abroad. Today, we see the development of a variety of approaches, as well as an increasing amount of research focusing on topics other than the Kyoto School.

In this special issue, we wish to highlight this energetic global academic environment for research in Japanese philosophy, drawing attention to some of the latest work that is now taking place. Please consider submitting papers which engage in the following topics:

 

  • Japanese Philosophy of the Meiji and Taishō periods
  • Historical investigations into Japanese philosophy
  • Philosophy of the Kyoto School
  • Japanese philosophy and war, ideology
  • Comparative research – Japanese philosophy and East Asian philosophy (comparisons with Buddhism, Confucianism, etc.)
  • Comparative research – Japanese philosophy and Western philosophy
  • Investigations into language, culture and art in Japanese philosophy
  • Theories of the body, technology, and science in Japanese philosophy
  • Logic in Japanese philosophy
  • Beauty and Aesthetics in Japanese philosophy
  • Theories of time in Japanese philosophy

 

 

[Deadline: 30 September 2019]

To submit your paper, please read carefully our Guidelines for Contributors.

紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。

紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。 (本特集号 は、京都大学「知の越境」融合チーム研究プログラム(SPIRITS : Supporting Program for Interaction-based Initiative Team Studies)の採択課題:「京都学派の遺産 に基づく越境的知の国際ネットワーク形成」に基づく研究成果を含む。)

表紙

全文

目次

  • 前置きPDF
  • 京都学派における「宗教概念」  – 氣多雅子 PDF
  • 「種の論理」論争をめぐって ――高橋里美、務台理作再考 - 合田正人 PDF
  • 循環し、競合する概念 ――プラセンジット・デュアラ「対話的超越」と鈴木大拙  – 中島隆博 PDF
  • 「大西祝と和辻哲郎における忠孝概念」 – 志野好伸PDF
  • 行為的直観と形式的現象学(Transformative Phänomenologie)  ――西田哲学の将来を考える - ロルフ・エルバーフェルト PDF
  • 「名」と「実存」 ――九鬼周造を巡る一考察  – 上原麻有子 PDF
  • メディア哲学としての京都学派  – ファビアン・シェーファー PDF

トークイベント「夏目漱石と西田幾多郎」が開催されます。


下記の要領で、トークイベントが開催されます。
漱石カフェ Sōseki Cafe
夏目漱石の魅力を語る連続トークイベント第1夜 小林敏明「夏目漱石と西田幾多郎」

2017年9月29日(金) 19:00〜20:40

会場 サロンド冨山房フォリオ(東京・神田神保町)

詳しくはこちらをご覧ください。

第33回日本哲学史フォーラム「京都学派の知の新解釈と継承―2」を開催します

下記の要領で日本哲学史フォーラムを開催いたします。

テーマ:京都学派の知の新解釈と継承2 

日時:2017年8月12日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室

 

 

プログラム:

1.菅原潤 氏 (日本大学教授)

「新京都学派の文明史観ー世界史的立場との対比を通じて」

2.Rolf Elberfeld 氏  (Hildesheim大学教授)

「行為的直観から形成的現象学へ―西田哲学の将来を考える」

Von der „handelnden Anschauung“ zur „transformativen Phänomenologie“.

Überlegungen zur Zukunft der Nishida-Philosophie

杉本耕一追悼シンポジウム:「哲学」と「宗教」––––杉本耕一の思索



















下記の通り、当研究室ODである杉本耕一先生の追悼シンポジウムを開催いたします。

杉本耕一追悼シンポジウム:「哲学」と「宗教」ー杉本耕一の思索
日時 2017年7月22日(土)13:00-17:30

会場 京都大学文学部校舎(新館)2階 第4講義室

呼びかけ人 藤田正勝(京都大学)

主催 杉本耕一追悼シンポジウム実行委員会

後援 京都大学日本哲学史研究室、西田哲学会、親鸞仏教センター

司会 山本伸裕(東京医療保健大学)

13:00-13:10 開会挨拶 藤田正勝(京都大学)

13:10-13:25 山本與志隆(愛媛大学)「杉本先生の思い出」

13:25-15:10 シンポジウム

太田裕信(愛媛大学)「西田幾多郎の歴史哲学について」

白井雅人(立正大学)「西田哲学における神の問題」

名和達宣(真宗大谷派教学研究所)「西田哲学と親鸞教学の交流する場所」

水野友晴(日独文化研究所)「近代日本哲学から見た「禅」と「哲学」」

15:25-17:25 討論

コメンテーター: 井上克人(関西大学)、 板橋勇仁(立正大学)

17:25-17:30 総括・閉会挨拶 藤田正勝(京都大学)    

西田・田辺記念講演会のお知らせ

下記の通り、西田・田辺記念講演会を開催いたします。

2017年度 西田・田辺記念講演会

 講演      森哲郎 氏(京都産業大学 教授)

       「西田幾多郎における「表現」思想 ―『善の研究』の成立と転回」
 
         嶺秀樹 氏(関西学院大学 教授)
  
                        「初期田辺の反省理論 ― 西田批判の背景にあるもの」

日時  6月3日(土)午後2時より 
場所  京都大学文学部・新講義棟2階 第3講義室


2017年7月 日本哲学国際学会IAJP(国立台湾師範大学)に藤貫裕(D1)、大角康(D1)、満原健(OD)が参加しました。

報告:

藤貫裕 日本哲学史専修博士後期課程1回生

7月28・29日にかけて台湾師範大学で開催された日本哲学国際学会は、非常に実り多いものであった。学生の内から国際学会に参加し英語で発表し質疑応答する、という貴重な経験が得られたことも勿論であるが、何より、日本哲学への国際的な関心の高さと広まりを体感出来たことが大きい。発表内容に応じて7つに分けられた分科会では、多様かつユニークな視点からの発表がなされ、英語・日本語・中国語が入り乱れながら活発な質疑応答が展開された。例えば私が発表した「日本美学」の分科会では、司会はイスラエルから、もう一人の発表者はカナダからの参加であった。そして質疑応答では、それぞれが取り上げた九鬼周造の美学や文化論について、理論的な内容を掘り下げた鋭い質問は勿論、「日本文化」という広い関心から九鬼自身の生い立ちや時代といった大きな思想背景を探る質問がなされた。このように国際的な場で発表し様々な視点に触れられたことは、今回だけにとどまらず博士論文を筆頭とする今後の研究全体の指針にもなる貴重な経験となった。

大角康 日本哲学史専修博士後期課程1回生

2017年度国際日本哲学会にて筆者は、“Unifying intuition as non-experience”という表題にて口頭発表をさせていただくという好機に与かることができたのだが、発表会場の雰囲気は大変和やかでありそれでいて活発であったため、筆者の発表の際にも多くのご質問をいただけたことは光栄であった。上記の筆者の発表においては「死」が鍵語となるために『存在と時間』におけるハイデガーの議論との親近性をお感じになられた方々が多い様であったのだが、筆者が当該発表において表現したかった「死」というものはそのようなものとは異なるために、表現方法や議論の展開のさらなる工夫の必要性を実感した。

世界各国から日本の思想に対する様々な関心を持つ方々が一斉に集い、自らの研究成果の一端を互いに披瀝し合うことはそれだけでも実り多いことであることは今さら言うまでもないのだが、それのみならず、何と言っても国際日本哲学会において特徴的であるのは先述した雰囲気の良さであろう。当学会は、国際的な哲学研究の輪の広がりを担うものの一つとして日本の哲学が機能することは十分に可能であることの証左になるものであろうし、そのような場にて日本人が積極的に発言することは大変意義深いと思う。当学会での経験は筆者自身にとって貴重な経験になったのみならず、この学会のさらなる発展と、そのことを通じた多角的な日本文化とその根柢の研究の進展を願わずにはいられぬようにさせてくれるものであった。

満原健 日本哲学史専修OD

報告者は、2017年台湾で開催された日本哲学国際学会に参加し、研究発表を行った。参加してみて驚いたのは、日本人以外の参加者が、しかも若い研究者が多かったことだった。海外でなされている日本哲学研究は規模のごく小さいものだと考えていたが、今後は海外での日本哲学研究の質が高まり量も増えていくことを予感した。

発表については、自分の英語力の低さというのを痛感した。自分の伝えたい内容を即座に英語で言えるという水準には全く至っておらず、また少し癖のある発音をするネイティブスピーカーの英語はほぼ聞き取れず、明瞭な発音をする人の場合でも、10分以上続く発表内容を正確に理解することは難しかった。国際学会への参加が必要とされる現在の状況に自分がついていけていないということを肌身で知ることとなった。

最後に、この学会に参加するための旅費等を支給してくださった京都大学、またそのための手続きをしていただいた上原先生、事務の方々に感謝を申し上げたい。

紀要『日本哲学史研究』第13号が電子化されました

表裏表紙日本哲学史研究第13号

全文

目次

  • 西田幾多郎と田中美知太郎 ――日本哲学とギリシア哲学の協働のために  – 納富信留 PDF
  • 南原繁の政治哲学とその射程 – 芦名定道 PDF
  • 井筒俊彦の意識哲学における言葉と芸術 – 廖欽彬 PDF
  • 「人間の学」から「倫理の学」へ ――和辻哲郎の「倫理学」体系の形成過程 – 服部圭祐 PDF
  • 哲学者・杉本耕一氏との対話 – 名和達宣 PDF

日本哲学国際学会が7月末に台湾大学で開催されます

昨年福岡で開催されました日本哲学国際学会(福岡大会のレポートはこちらをご覧ください)が今年7月末に台湾大学で開催されます。

下記をご参照ください。

また、日本哲学国際学会の母体である Journal of Japanese Philosophy のホームページも併せてご覧ください。

International Association of Japanese Philosophy

2017 International Conference

Date: 28-29 July 2017 (Friday to Saturday)

Venue: National Taiwan Normal University, Taipei, Taiwan

Organizer: International Association of Japanese Philosophy (IAJP)

Co-organizer: Research Center for East Asian Culture and Sinology, National Taiwan Normal University

Theme

Globalizing Japanese Philosophy: From East Asia to the World

Languages

English, Japanese and Chinese

Important Dates

15 March 2017

Submission deadline of abstracts for organized panels and individual papers

1 April 2017

Notification of acceptance by email

1 May 2017

Release of tentative program

28-29 July 2017

National Taiwan Normal University, Taipei, Taiwan

 Synopsis

This second annual international conference for IAJP aims at 1) further reinforcing Japanese philosophy as a global academic discipline; 2) exploring the potential of Japanese philosophy in its interface with the various philosophical traditions of East Asia, including, but not limited to, Confucianism, Buddhism and Daoism; and 3) developing a solid research network within East Asia for the field of Japanese philosophy in order to facilitate its promotion across the world.

Riding on the wave of the very successful first international meeting of IAJP in 2016, IAJP’s second international conference will continue the promotion and development of Japanese philosophy globally. Although the reception of and confrontation with Western philosophy remains on the agenda of the 2017 conference, the IAJP also seeks to explore the comparatively underdeveloped but indeed important connection between Japanese philosophy and the philosophical traditions of East Asia. The philosophical and cultural diversity that Taiwan embraces will definitely provide conference participants an opportunity for inspiring intellectual exchange involving the people of Taiwan and scholars of Japanese philosophy from East Asia as well as other parts of the world. This conference welcomes proposals for critical and insightful presentations that challenge the study of Japanese philosophy through a re-reading and reconfiguring of related philosophical texts and issues, from the perspectives of Western as well as Eastern philosophical traditions. This conference specifically encourages young scholars to submit their proposals.  Topics may cover any period, figure, or context pertaining to Japanese philosophy and thought.

 Call for Papers

This conference invites proposals for organized panels and individual papers. All submissions should be sent to tetsugakuconference@gmail.com on or before 15 March 2017 (Japan Time).

For organized panels, please submit the following in MS Word format:

  1. Full names (surname in CAPITAL letters), affiliations (including Department) and email addresses of 3 to 4 members of the panels and indicate one as the chair
  2. A 250-word (maximum) abstract for the panel
  3. A 250-word (maximum) abstract for each papers of the panel
  4. Research interests
  5. Publications (optional)

For individual papers, please submit the following in MS Word format:

  1. Full name (surname in CAPITAL letters), affiliation (including Department) and email address
  2. A 250-word (maximum) abstract
  3. Research interests
  4. Publications (optional)

Each individual paper will be given 20 minutes for presentation and 10 minutes for discussion

Registration fee

Free of charge

Visa, transportation, accommodation and meals

Self-financed and should be arranged by the panelists themselves

 Enquiry

tetsugakuconference@gmail.com

Website

http://tetsugakuconferenc.wixsite.com/2017