紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。

紀要『日本哲学史研究《京都学派の知の新解釈と継承》』が刊行されました。 (本特集号 は、京都大学「知の越境」融合チーム研究プログラム(SPIRITS : Supporting Program for Interaction-based Initiative Team Studies)の採択課題:「京都学派の遺産 に基づく越境的知の国際ネットワーク形成」に基づく研究成果を含む。)

表紙

全文

目次

  • 前置きPDF
  • 京都学派における「宗教概念」  – 氣多雅子 PDF
  • 「種の論理」論争をめぐって ――高橋里美、務台理作再考 - 合田正人 PDF
  • 循環し、競合する概念 ――プラセンジット・デュアラ「対話的超越」と鈴木大拙  – 中島隆博 PDF
  • 「大西祝と和辻哲郎における忠孝概念」 – 志野好伸PDF
  • 行為的直観と形式的現象学(Transformative Phänomenologie)  ――西田哲学の将来を考える - ロルフ・エルバーフェルト PDF
  • 「名」と「実存」 ――九鬼周造を巡る一考察  – 上原麻有子 PDF
  • メディア哲学としての京都学派  – ファビアン・シェーファー PDF

紀要『日本哲学史研究』第13号が電子化されました

表裏表紙日本哲学史研究第13号

全文

目次

  • 西田幾多郎と田中美知太郎 ――日本哲学とギリシア哲学の協働のために  – 納富信留 PDF
  • 南原繁の政治哲学とその射程 – 芦名定道 PDF
  • 井筒俊彦の意識哲学における言葉と芸術 – 廖欽彬 PDF
  • 「人間の学」から「倫理の学」へ ――和辻哲郎の「倫理学」体系の形成過程 – 服部圭祐 PDF
  • 哲学者・杉本耕一氏との対話 – 名和達宣 PDF

紀要『日本哲学史研究』第12号を出版しました

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%93%b2%e5%ad%a6%e5%8f%b2%e7%a0%94%e7%a9%b612%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99-1

全文

目次

  • 西田の思考と日本語の問題 – 小林敏明 PDF
  • 西田の「個物と個物との相互限定」をめぐって – 氣多雅子 PDF
  • 母性保護論争のフェニスト現象学からの解釈(1) – 河野哲也 PDF
  • 「応答の心が交差する小径」としての<感応道交> -道元のフェミニズム的解釈- – ラルフ・ミュラー PDF
  • 種の自己否定性と「切断」の概念 – 竹花洋佑 PDF
  • 西田幾多郎と久松真一における救済の問題 – 小島千鶴 PDF
  • 西田幾多郎のフィードラー受容とリップスの「感情移入」説 – 八坂哲弘 PDF