福岡で、日本哲学の国際学会が開催されます。

福岡で10月7日から9日まで、日本哲学の国際学会が開催されます。

詳細は下記リンクをごらんください。

International Conference on Japanese Philosophy

International Association of Japanese Philosophy

Large conference room, Kyushu University Nishijin Plaza, Fukuoka City, Japan

7-9 October 2016

http://tetsugakuconferenc.wixsite.com/2016/schedule

紀要『日本哲学史研究』第12号を出版しました

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%93%b2%e5%ad%a6%e5%8f%b2%e7%a0%94%e7%a9%b612%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99-1

全文

目次

  • 西田の思考と日本語の問題 – 小林敏明 PDF
  • 西田の「個物と個物との相互限定」をめぐって – 氣多雅子 PDF
  • 母性保護論争のフェニスト現象学からの解釈(1) – 河野哲也 PDF
  • 「応答の心が交差する小径」としての<感応道交> -道元のフェミニズム的解釈- – ラルフ・ミュラー PDF
  • 種の自己否定性と「切断」の概念 – 竹花洋佑 PDF
  • 西田幾多郎と久松真一における救済の問題 – 小島千鶴 PDF
  • 西田幾多郎のフィードラー受容とリップスの「感情移入」説 – 八坂哲弘 PDF

2015年度東アジア文化交渉学会・第7回年次大会に参加

アジア研究教育ユニット(KUASU)事業により、院生とODが学外での研究発表を積極的に行っています。

日本哲学史専修のテーマ「東アジアにおける日本哲学研究-国際学会での対話実践」

5月9(土)-10(日)、神奈川県開成町 福祉会館)、「「京都哲学」の他者論・感情論」をテーマとするパネルを組み、国際学会で発表しました。

当研究室ODで石川県西田幾多郎記念館の研究員である中嶋優太氏が司会を務め、修士課程の高崎和樹、高田理可、博士課程の八坂哲弘がそれぞれテーマに沿った研究報告を行いました。

高崎は、「西田幾多郎の「私と汝」における思索の流れとその転換」と題し、西田哲学における「私と汝」の問題に焦点を当てた発表を行いました。高田は、三木清「『歴史哲学』における「パトス」について」と題して、三木哲学の重要概念の一つである「パトス」に焦点を当てた発表を行いました。八坂は ”On Emotion in Nishida Kitaro’s Philosophy” と題して、西田哲学における感情に焦点を当てた発表を行いました。

 

 

第31回日本哲学史フォーラム「翻訳と仏教」を開催しました。

1.船山 徹 氏 (京都大学人文科学研究所 教授)
「漢訳仏典の音写語と翻訳不可能性」
 2.宮崎 泉 氏  (京都大学文学研究科 教授)
「仏教における智慧―その翻訳と仏教理解をめぐって」
 

コメンテーター 美濃部 仁 氏

日時:2016年8月6日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室

 

日本哲学会欧文誌Tetsugakuが創刊されます。

Apr 10, 2015
tetsugakuvol1

下記の通り、日本哲学会欧文誌が創刊されます。ご参照ください。

Tetsugaku. International Journal of the Philosophical Association of Japan

Call for papers Tetsugaku Vol.1, 2017 Special theme: Philosophy and the University

We are experiencing today the worldwide phenomena of crises in both the humanities and the social sciences, crises to which Japan is also subject. In the face of this situation, we have decided to launch an international journal issued annually on its own website in the hope of meeting these crises through a new solidarity with philosophers and philosophical associations overseas as well as sharing our studies in philosophy worldwide. Philosophy has played an essential part in academics and education in universities, which were born in the medieval Europe, introduced into Japan and other Asian countries in the late 19th century, and are now spread all over the world. While the idea of a university has been discussed by many philosophers, including Kant, Fichte, W. von Humboldt, Hegel, Newman, Heidegger, Jaspers, Habermas and Derrida, our contemporary societies cast serious doubts on the ideals and roles of the university and philosophy. With this critical situation in mind, we invite academic papers on the theme of “philosophy and the university” for our new E-journal. The following questions, for example, can be asked. What is the situation of philosophy in the universities around the world today? How did philosophers examine the ideas of the university? What is the ideal form of a university from a philosophical point of view? What can and should philosophy do in and for the university? Deadline: 31 October 2016 Website:http://philosophy-japan.org/category/en/international_journal/

Guidelines for submission ・Articles written in English, French or German should not exceed 6,000 words and should follow the latest edition of the Chicago Manual of stylehttp://www.chicagomanualofstyle.org/home.html. ・All contributions should be submitted in Microsoft Word format using this TEMPLATE20151202. ・Articles should include an abstract around 300 words. Articles should be sent to < ejournal@philosophy-japan.org >

KATŌ Yasushi
President of the Philosophical Association of Japan
Professor of Philosophy at Hitotsubashi University/Tokyo