ワークショップ(2018年11月23日)ご報告

 先日(11/23)日本哲学史専修は「日本哲学研究のオルタナティブ」を開催いたしました。ここに特定質問者2名による短い大会報告を記します。

 

私は教育学研究科で教育社会学を専攻しています。哲学については門外漢ですので、どのような質問をさせて頂くのがよいかと最初は少し悩んだものでしたが、

続きを読む

第35回日本哲学史フォーラムを開催いたします。

下記の要領で日本哲学史フォーラムを開催いたします。

皆様のご来聴をお待ちしております。


日時:2018年6月30日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室

プログラム:

1.小野 真龍 氏 (天王寺舞楽協会常任理事)

「神仏のコスモロジーとしての雅楽」

2.中島 隆博 氏  (東京大学東洋文化研究所 教授)

「思想としての言語―翻訳をめぐって」

 

ジョン・C・マラルド氏、講演会のお知らせ

ジョン・C・マラルド氏 講演会
ノースフロリダ大学 名誉教授

“Reconceptualizing dignity from the perspective of Watsuji Tetsurō.”
日時 2018年6月4日(月)午後4時30分より

会場 京都大学 吉田泉殿 (定員 20名)京都大学吉田泉殿(京都大学から徒歩7分)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/campus/facilities/kyoshokuin/izumi
講演は英語で行われます。通訳はつきませんが、英語の原稿を配付いたします。

 

 

西田・田辺記念講演会のお知らせ

 

 

 

 

 

 

下記の要領で、西田・田辺記念講演会を開催いたします。

二〇一八年六月二日(土)午後一時三〇分より

会場 京都大学文学部 第三講義室

  • 岡田 勝明 氏  (姫路獨協大学 教授)
    「場所の論理と自己存在の証明 ― 西田哲学の現代性」
  •  ジョン・C・マラルド 氏  (ノースフロリダ大学 名誉教授)
    “The Question of Responsibility in Metanoetical Philosophy”
    講演は英語で行われますが、日本語の翻訳原稿を配付いたします。質疑応答には、通訳がつきます。

 

第33回日本哲学史フォーラム「京都学派の知の新解釈と継承―2」を開催します

下記の要領で日本哲学史フォーラムを開催いたします。

テーマ:京都学派の知の新解釈と継承2 

日時:2017年8月12日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室

 

 

プログラム:

1.菅原潤 氏 (日本大学教授)

「新京都学派の文明史観ー世界史的立場との対比を通じて」

2.Rolf Elberfeld 氏  (Hildesheim大学教授)

「行為的直観から形成的現象学へ―西田哲学の将来を考える」

Von der „handelnden Anschauung“ zur „transformativen Phänomenologie“.

Überlegungen zur Zukunft der Nishida-Philosophie

西田・田辺記念講演会のお知らせ

下記の通り、西田・田辺記念講演会を開催いたします。

2017年度 西田・田辺記念講演会

 講演      森哲郎 氏(京都産業大学 教授)

       「西田幾多郎における「表現」思想 ―『善の研究』の成立と転回」
 
         嶺秀樹 氏(関西学院大学 教授)
  
                        「初期田辺の反省理論 ― 西田批判の背景にあるもの」

日時  6月3日(土)午後2時より 
場所  京都大学文学部・新講義棟2階 第3講義室


日本哲学国際学会が7月末に台湾大学で開催されます

昨年福岡で開催されました日本哲学国際学会(福岡大会のレポートはこちらをご覧ください)が今年7月末に台湾大学で開催されます。

下記をご参照ください。

また、日本哲学国際学会の母体である Journal of Japanese Philosophy のホームページも併せてご覧ください。

International Association of Japanese Philosophy

2017 International Conference

Date: 28-29 July 2017 (Friday to Saturday)

Venue: National Taiwan Normal University, Taipei, Taiwan

Organizer: International Association of Japanese Philosophy (IAJP)

Co-organizer: Research Center for East Asian Culture and Sinology, National Taiwan Normal University

Theme

Globalizing Japanese Philosophy: From East Asia to the World

Languages

English, Japanese and Chinese

Important Dates

15 March 2017

Submission deadline of abstracts for organized panels and individual papers

1 April 2017

Notification of acceptance by email

1 May 2017

Release of tentative program

28-29 July 2017

National Taiwan Normal University, Taipei, Taiwan

 Synopsis

This second annual international conference for IAJP aims at 1) further reinforcing Japanese philosophy as a global academic discipline; 2) exploring the potential of Japanese philosophy in its interface with the various philosophical traditions of East Asia, including, but not limited to, Confucianism, Buddhism and Daoism; and 3) developing a solid research network within East Asia for the field of Japanese philosophy in order to facilitate its promotion across the world.

Riding on the wave of the very successful first international meeting of IAJP in 2016, IAJP’s second international conference will continue the promotion and development of Japanese philosophy globally. Although the reception of and confrontation with Western philosophy remains on the agenda of the 2017 conference, the IAJP also seeks to explore the comparatively underdeveloped but indeed important connection between Japanese philosophy and the philosophical traditions of East Asia. The philosophical and cultural diversity that Taiwan embraces will definitely provide conference participants an opportunity for inspiring intellectual exchange involving the people of Taiwan and scholars of Japanese philosophy from East Asia as well as other parts of the world. This conference welcomes proposals for critical and insightful presentations that challenge the study of Japanese philosophy through a re-reading and reconfiguring of related philosophical texts and issues, from the perspectives of Western as well as Eastern philosophical traditions. This conference specifically encourages young scholars to submit their proposals.  Topics may cover any period, figure, or context pertaining to Japanese philosophy and thought.

 Call for Papers

This conference invites proposals for organized panels and individual papers. All submissions should be sent to tetsugakuconference@gmail.com on or before 15 March 2017 (Japan Time).

For organized panels, please submit the following in MS Word format:

  1. Full names (surname in CAPITAL letters), affiliations (including Department) and email addresses of 3 to 4 members of the panels and indicate one as the chair
  2. A 250-word (maximum) abstract for the panel
  3. A 250-word (maximum) abstract for each papers of the panel
  4. Research interests
  5. Publications (optional)

For individual papers, please submit the following in MS Word format:

  1. Full name (surname in CAPITAL letters), affiliation (including Department) and email address
  2. A 250-word (maximum) abstract
  3. Research interests
  4. Publications (optional)

Each individual paper will be given 20 minutes for presentation and 10 minutes for discussion

Registration fee

Free of charge

Visa, transportation, accommodation and meals

Self-financed and should be arranged by the panelists themselves

 Enquiry

tetsugakuconference@gmail.com

Website

http://tetsugakuconferenc.wixsite.com/2017

 

第32回日本哲学史フォーラム「京都学派の知の新解釈と継承―1」を開催します

1.板橋 勇仁 氏 (立正大学 教授)
 「無基底的に表現するとはどのようなことか 
―西田哲学の「形から形へ」の思想が持つ可能性」
2.檜垣 立哉 氏  (大阪大学 教授)
「西田とバロック哲学」
 
日時:2017年12月17日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 総合研究2号館地下第8講義室

第31回日本哲学史フォーラム「翻訳と仏教」を開催しました。

1.船山 徹 氏 (京都大学人文科学研究所 教授)
「漢訳仏典の音写語と翻訳不可能性」
 2.宮崎 泉 氏  (京都大学文学研究科 教授)
「仏教における智慧―その翻訳と仏教理解をめぐって」
 

コメンテーター 美濃部 仁 氏

日時:2016年8月6日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 総合研究2号館 地下第8講義室