紀要『日本哲学史研究』第15号が刊行されました

紀要『日本哲学史研究』第15号が刊行されました。

表紙

全文

目次

  • 西田幾多郎における「表現」思想  ――『善の研究』の成立と転回――  森哲郎 PDF

  • 場所の論理と自己存在の証明 ――西田哲学の現代性――  岡田勝明 PDF

  • 神仏のコスモロジーとしての雅楽  小野真龍 PDF

  • 懺悔道という哲学における責任の問い  ジョン・C・マラルド PDF
  • 内的経験としての「自覚」の形成 ――『善の研究』から『自覚に於ける直観と反省』への歩みについて――  城阪真治 PDF
  • 九鬼周造の時間論における二つの永遠の現在 ――回帰的形而上学的時間における多と一の両立を手引きに――  藤貫裕 PDF

     

西田・田辺記念講演会のご案内

2019年度の西田・田辺記念講演会を下記の通り開催いたします。

ご出席下さいますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



・日時  6月1日(土)午後1時30分

・場所  京都大学文学部 第3講義室

(http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/ をご参照下さい。)

・講演

松丸 壽雄 氏  (ドイツ「恵光」日本文化センター 所長)

「西田と科学」

田中 裕 氏    (上智大学 名誉教授)

「懺悔道と菩薩行」

・主催  西田・田辺記念講演会(京都大学文学研究科 日本哲学史研究室・宗教学研究室)

・交通案内   ・地下鉄「今出川」駅より市バス201、203

系統で「百万遍」下車

・JR「京都」駅より市バス206系統で

「百万遍」下車

・京阪「出町柳」駅より東へ徒歩約10分

 

講演会終了後、懇親会を開催します。参加を希望される方は、5月23日までに、

ご連絡ください。

連絡先:〒606-8501 京都市左京区吉田本町

京都大学文学研究科 日本哲学史研究室

電話 075-753-2869

E-mail  japanese_philosophy@yahoo.co.jp