第36回日本哲学史フォーラムを開催いたします。

下記の要領で日本哲学史フォーラムを開催いたします。 皆様のご来聴をお待ちしております。

第36 回 日本哲学史フォーラム

座談会「日本におけるアカデミズムの哲学史―『哲學雑誌』と『哲學研究』の比較分析」

日時:2019年4月13日(土)午後1時30分より

場所:京都大学 吉田本部構内 イノベーション棟、1階ラウンジ
   会場は、こちらのリンクからご確認ください

プログラム:

1提題 鈴木 泉 氏 (東京大学 教授)
    納富 信留 氏 (東京大学 教授)
    藤田 正勝 氏 (京都大学 名誉教授)
    上原麻有子 (京都大学 教授)   

2座談 鈴木氏×納富氏×藤田氏×上原(司会)


今回のフォーラムは座談会形式で進めます。
日本における哲学の発展を支えた、二つの歴史的な雑誌のバックナンバーに注目し、
その内容を概観した上で、哲学の歴史を振り返ります。 
また、それぞれの雑誌が果たした、学術的役割についても検討してみたいと考えています。